レターパックプラス(2)2016年12月21日 18時51分47秒

レターパックプラスを折り曲げて立体を作る方法は直方体以外にもある。
例えば4面体(三角錐)。左上図のように折り目をつけると下図のような4面体ができる。
この場合の体積は次のようにして計算できる(bc用)。
a=34
b=25
l=sqrt(a*a+b*b/4)
s=(b+l+l)/2
t=sqrt(s*(s-b)*(s-l)*(s-l))
s2=(b+a+a)/2
t2=sqrt(s2*(s2-b)*(s2-a)*(s2-a))
h = t2*2/a
t*h/3
結果は3531.64 cm^3となる。直方体(3607.63 cm^3)より少し小さい。
右上図のように折り目をつけると、3293.63 cm^3とさらに小さくなる。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「高村ブログ」の最初の一文字(漢字)は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://takamura.asablo.jp/blog/2016/12/21/8285425/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。