スタンフォードなう2013年12月06日 23時00分06秒

以前お世話になったG先生を訪ねた。当日は先生の講義(画像処理)の最終回で、パブリックな場所でポスターセッションをするということで、同僚とともに聴講した。学生さんが皆工夫してそれぞれ異なるテーマを設定し、それに応じた画像処理技術を勉強して、コードを書いて完成させ、デモも作って発表していていた。スマホやPCでのリアルタイムのデモもあった。質疑もしっかりしていて、大変レベル高し。
何度かスタンフォードには出張で着ているが、今回の宿シェラトンパロアルトは、2005年夏に家族で渡米しアパートが決まるまで滞在して以来で、懐かしい。
ただ、この日は朝札幌の会議に出て成田経由で出国しスタンフォードに当日午前中に着き、そのまま日中フルで活動したので、大変疲れたヨ・・・

スタンフォード大学Bookstoreなう2012年02月13日 05時14分08秒

前からそうだったが、学内でネットが使える。POP, HTTPは通るがSMTPは通らない。
キャンパスを少し散歩してから、ブックストアでアメリカーノを飲みながら、今日締切の宿題をしているところ。トホホ。

パロアルトの団欒2012年02月11日 22時08分20秒

サンノゼからあちこち寄り道しながらスタンフォードに移動。
夜は知り合いの日本人一家(パロアルト在住)宅にお邪魔した。生後8か月の男の子も含め、3人のアメリカ生まれのお子さんがいてにぎやかだった。奥さんの手料理の数々に加えて、以前スタンフォードにいるとき食べたダンジネスクラブ
http://takamura.asablo.jp/blog/2006/01/31/233356
もゆでてくださった。とても楽しくおいしくいただきました。
上の二人のお子さん(幼稚園と小学生)は、家では日本語を話すが単語に英語が混じる。英語を話してもらうと本物で、うらやましくなった。「日系二世」とはこのことか。。

邂逅(2)2011年01月12日 12時58分25秒

1/8の帰りの機内で、"The Social Network"という、日本では1/15公開の映画を観た。2005年10月26日にStanford University's Entrepreneurship Corner
http://ecorner.stanford.edu/authorMaterialInfo.html?mid=1567
で話を聞いたことがある、Facebook創始者のM. Zuckerberg氏が主人公。当時はとても真摯に受け答えをする真面目な青年という感じをうけたが、映画を観て、裏ではどろどろしたことがあったのがわかった。

邂逅2011年01月11日 12時57分40秒

インドネシアの国際会議でのアリゾナ大Falco教授によるキーノート講演(ルネサンス期に写実的な絵画が始まったのは、実は物体のレンズ投影を使っていたからという説)、どこかで似た話を聞いたなと思ったら・・・、Stanford大学にいた5年前の2006年2月9日に、RicohのStork博士による学内講演会での話
http://scien.stanford.edu/pages/scien_colloquium_abstracts.php#stork-masters
で引き合いに出されていたもの(こちらは真っ向から反対)だった。この分野では有名な論争らしく、日本語の解説ページも結構ある。
http://www.radiumsoftware.com/0409.html#040914
時間はあいたけど、偶然当事者双方に会うことができたヨ。私はどちらかと言えばStork派。